【2019年6月】受け取り配当金は196ドル(税引前)買付け銘柄はMO・IBM【運用状況】

運用状況

あごひじきのひじきです。

 

6月はNISA枠でアルトリア・グループ(MO)を48.13ドルで37株(約20万円分)、IBMを127.71ドルで10株(約15万円分)買い増ししました。

【MO】元FDA長官の発言により-4.5%も株価急落!アルトリア・グループを20万円分追加購入しました!
アルトリア・グループ急落要因→FDAが電子タバコメーカーに対して、自社製品販売継続するなら10ヶ月以内に政府に許可取れと指示。それに対し、元FDA長官が10ヶ月という短期間で政府承認を得るのは難しいと発言。電子タバコの市場の7割を占めているJUULにMOが35%出資。FDAが紙巻きタバコに含まれる最大ニコチン量の規制…
メキシコ関税で悲観的になっている中、IBMを14万円分追加購入しました!【売買記録】
あごひじきのひじきです。米国がメキシコ関税をかけるとの発言により市場平均が急落していたので、新規にNISAでIBMを10株(約14万円分)、配当利回り5.07%で追加購入しました。現在IBMはPER(TTM)が9.8倍で、ハイテクセクターの過去平均PERを下回って推移していることや、1950年-2003年までのPER…

今回の買付けで、MO分→1.4.7.10月の配当金が29.6ドルずつ増加

IBM分→3.6.9.12月が16.2ドルずつの増加が見込めます。

ちなみに今月の配当金は196.55ドルで税引き後152ドルでした。

↓税引き後配当金推移

3ヶ月平均は100ドルを安定して超えられる様になりました。今後は配当額の少なさが目立つ1.4.7.10月に30ドルほど上乗せされる予定です。(今月買付けのMOは、すでに権利日を過ぎているため10月から配当金に反映されます。)

受け取り配当総額は1092ドル、税引き後892ドルです。2019年の年間配当金総額は1300ドル(税引き後)ぐらいになる予定です。

昨年暴落前にポートフォリオを組みましたがなんとかプラ転しています。

下記、あごひじき10種(今後買い増しはこちらの銘柄のみ)

PG・MCDなど事業基盤が強固なだけあって昨年暴落にも貿易摩擦にもほとんど動じませんでした。現在BTI・MO・PMなど私の主力タバコ銘柄が大きく売られ低迷を続けています。タバコ銘柄らしい売られぶりです。

どこまで落ちるかわかりませんが、事業基盤の強固な株のバリュエーションが増すことは長期投資家にとって最高ですね。今後、タバコ銘柄が資産の増加に大きく貢献してくれることが期待できます。

今月は35万も投下しましたが来月からは通常通り10万円の入金に留めて、キャッシュポジションを増やしていきます。理由は不動産投資に旨味がありそうだからです。

税の仕組みを利用して、より一層、資産規模拡大に繋げていこうと考えているのです。

あごひじきのひじきでした。

コメント